[ Live, Songs & Artists ]
曲やミュージシャンの事、カントリー好きのきっかけになったライブの事、その後のダンスの事など

[ バンドの事 ]
バンド活動遍歴です 解散, 解散, 脱退, 開店休業 色々ありますが、活動してます

[ ある日のPoroTheCat ]
ライブ訪問記録, バンド活動, Songs&Artistsの事 のブログです よく遊んでるね (笑)
 

 








曲&ミュージシャンの事
カントリーでの最初のアイドルは [Johnny Horton] でした!<渋 い!(笑)>12曲入りの日本製のBest盤 (LP) で何度も何度も繰り返し聴きました、声が好きでね〜♪そして初めて買ったカントリーの LP でもありました

アーティストやアルバム、曲の紹介はブログある日のPoroTheCatへ 移行しています


以前掲載していたものに加筆訂正しました、が、日付がなく、いつ頃書いたものなのか...(汗)


Joe Nichols
#まだ33歳なんだ〜と思ったので、2010年頃の掲載だと思います(汗)
<加筆訂正:'20.11.2>

2000年代に入ってからのカントリー・チャートTop20をCDにして送って下さる方がいまして、だいたいBGMとして聴かせて頂いているんです が...最新カントリーが流れる中で「ん?誰だ、この人は」と毎度引っかかる人がいまして、その度に「Joe Nichols?知らんな〜」 と流していました。

ある日、知人から新譜(当時)の「Old Thhing New」(2009年) を聴かせて頂く機会があり、聴き始めたとたんに「あー!この人だー!!!」
もう速攻で発売済みのアルバムを調べて購入してしまいました!(笑)

 ◆ ◆ ◆

曲そのものは今時のポップなカントリーなんですが、声が良い!"Alan Jackson をちょっとワイルドにした感じ" かな。世間的(?)には "Merle Haggard に似ている" そうな...こっちのが納得?

1996年のアルバム『Joe Nichols』(2002年に『Six Of One, Half Dozen Of The Other』として再発売しています) を聴いて思ったのですが、以前は結構高い声で歌っています。キーを下げた事で注目されたようですね。Brokenheartsvill (2002年のアルバム『Man With A Memory』)が初ヒットかな。

全体的に落ち着いた感じの曲が多く、でも時々ロックっぽいのもあって「本人はどうしたいのかな〜」と思っていたら、 2012年にそれまでのレーベルを離れ、ポップな曲を多く歌う様になり、加えて Merle Haggard、Don Williams、George Jones などクラシックのカバーもしています。Sing Me Back Home なんて絶品です!声が良いので!(笑)

ぜひ一度聴いて頂きたいシンガーです。


Live, Songs&Artistトップ / CountryMusicトップ




ライブの事
ミュージシャンとの距離が近く楽器の音を全身で感じられる「ライブハウス」は、私にとってとても魅力的な空 間です
大好きなバンドの音に包まれるひとときは至福の時であり、ストレス解消にもなっています


20歳になる年。初めて行ったライブハウスで聞いたのは、これも初めて聞くカントリー・ミュージックでした。びっくり!感動!こんな世界があったのか! まさにカルチャーショックでした!軽快なフィドル演奏に驚き、ペダル・スティール・ギターの音と楽器そのものに興味津々!

そしてカントリーという音楽は全く未知かと思えば聞き覚えのある曲があったりで、もう好奇心の塊!バンドの人に「○回目のステージの△曲目は 誰の何て曲?」なんて聞いて困らせたりもしました...必ずしも予定通りには演奏しませんものね。教えてもらった曲名と歌手名を頼りに、たくさんのLPを 買いました。

この店でのライブは1年後に終了してしまいましたが、これが今の「ライブ通い」の原点になっています。
散り散りになったバンドのメンバーを訪ねて、横浜や東京のライブハウスへ足を運ぶ事になりました。そこで多くの個性的なバンドとミュージシャンとお客様、 また多くのカントリーの曲に出会いました。

面白くて、楽しくて、ライブは私にとって欠かせないものになりました。

Live, Songs&Artistトップ / CountryMusicトップ




カントリーダンスの事
酒があり、カントリーミュージックがあり、そして興が乗ったら踊るモノ、と思っています
でも、楽しみ方は人それぞれであって良い、とも思うのです


私が初めて見たカントリーダンスは、アメリカ人男女によるツーステップ。それはもう、見事なものでした!クルクルと回りながら、広いフロアをフルに使って 大きく円を描き、まるで氷の上を滑っているかのように。パタパタと足を上げていたのですが、それがどうなっていたのか自分もダンスをやる様になって、 しかも何年も経ってやっとわかりました。 「カッコイイ〜〜〜!!!」もうこの一言だったのを覚えています。

カントリーダンスは男女ペアで踊るカップルダンスとパートナーダンス、ライン状に並んでステップを踏むラインダンスがあります。
ライブハウスやライブイベント等で踊られています。踊っている方達に「教えて下さい」とお願いすると皆さん快く教えてくれます。
でも「いきなり人前で踊るのはちょっと...」と思われる方はダンスの講習会に参加される事をお薦めします。

Live, Songs&Artistトップ / CountryMusicトップ




 私のバンド活動遍歴です



「へーちゃんカントリー」
2013年初ライブ。バンマス・へーちゃんが一人ひとり声を掛けて集めた精鋭(?)バンド。東京と近郊で活動しています。

*へーちゃんカントリー HomePage*
ライブ情報など掲載しています



「Honky Tonk Heart」
2015年初ライブ。一応、私がバンマスのバンドです。現れたり、また地下に潜ったり、メンバーもその時々で...。 次回のライブはいつになるのやら。(汗)







「Wildwood Flower」
横須賀を起点に活動。90年代の曲に果敢に取り組んでいました!私も歌い方などを工夫していました。*バンドは存続しています



「Kitty&Magnolia」
なかなか個性的なメンバーでした。活動期間は短かったですが、バンド活動の楽しさ、難しさを教えられたバンドでした。




「Backyaroos (バッキャローズ)」
カントリーのメーリングリストから生まれたバンド。バンマス・さとパパを中心に、大家族の様なバンドでした。



バンドの事トップ / CountryMusicトップ