◆音楽の事へ◆

番外編

ちょっと番外編です
ジャズのコンサートに行ってきました♪

2002年6月24日(月)
ティアラこうとう大ホール
栄光のスイング王 ベニー・グッドマンに捧げる
〜Memoriesof Benny Goodman〜
「第16回 花岡詠二 プレゼンツ, スイング・タイム」

 ジャズはほとんど知らないのですが (曲名を聞いてもどんな曲かわからないし、その逆も...曲を聞いて"これ知ってる!"と言えるのはほんのわずか...という程度)、でも聞くのは好きです。変かしら。
 スイングの様な明るい曲調のモノ、また、CD等で聞くよりも全身で音を感じられるコンサートの方が好きです。そういう意味では、このコンサートは私好み♪

 前置きが長くてすみません。1200人程のお客さんが入ったそうです。大盛況。老若男女、幅広い年齢層の方が集まっていました。都営新宿線・住吉駅で降りた人達のほとんどが向かっているのでは?と思う位、大勢の人が会場へと歩いて行きました。いや、ホントに。私もその一人でしたし。(^^)

♪ ♪ ♪

コンサートは二部構成になっていて、
  第一部 花岡詠二 スイング・オールスターズ
  第二部 花岡詠二 スイング・オーケストラ
どちらにも、ヴォーカルに佐賀ユキさん、ゲストプレーヤーに薗田憲一さん(トロンボーン)が参加されました。

 第一部は、落ち着いた演奏と花岡さんのおしゃべりが楽しかった。メンバーそれぞれがとても上手で(ジャズの人って、どうしてあんなに上手な人が多いんだろう)、"聞かせる"という感じでした。花岡さんの、穏やかで暖かみのあるクラリネットの音がたまらなく良いです。

 15分程の休憩時間、ロビーは人だらけ。お腹が空いていたのでサンドイッチを食べたかったのですが、すでに売り切れ。代わりに(?)飲んだ白ワインが冷たくて美味しかった〜。空きっ腹に染みわたりました。

 第二部は、トランペット4、トロンボーン4、サックス(アルトとテノール)4が加わって、迫力のある演奏を聞かせてくれました。同じ楽器が数人いると、曲中で楽器を降ろしたり、ミュートを手に取ったり、譜面をめくったり等のタイミングが揃っていて面白い。一斉に構えると"お、来るぞー"なんて思ったりして...まぁ、こんな楽しみ方もありかな、って事で。

♪ ♪ ♪

 曲をもっと良く知っていれば、ちゃんとしたレポートになるのでしょう。勉強不足ですみません。多少の変更もありましたが、パンフレットに載っていた演奏曲目を書きます。ご参考になれば幸いです...こんな事ならメモを取っておくんだった。レポート書きたいと思うなんて、思ってなかったから...。
 私の感想は「とにかく楽しかった!」の一言です。花岡さんの暖かいお人柄が伝わってきます。

 このコンサートは毎年行われているそうです。一度足を運んで頂けたら...と思っています。

Part 1 EIJI HANAOKA SWING ALLSTARS
 1. Hindustan
 2. Soft Winds
 3.Deep Purple
  4. The Light Of A Mountain Hut
 5. Temptation Rag
  6. Solo Flight
  7. Si Tu Vois Ma Mere
  8. Jazz Me Blues
  9. A Tree In The Meadow
 10. If I Were You
 11. In The Shado Of The Old Apple Tree
 12. Tickle Toe
 13. At The Jazz Band Ball
Part 2 EIJI HANAOKA SWING ORCHESTRA
 1. Let's Dance
 2. You Brought A new Kind Of Love To Me
 3. Bugle Call Rag
 4. The Man I Love
 5. South RAmpart Street Parade
 6. You Turned The Tabeles On Me
 7. Smoke Rings
 8. 'S Wonderful
 9. Pennsylvania 6-5000
 10. And The Angels Sing
 11. Sing Sing Sing
 12. Memories Of You
 13. Good-Bye

Eiji Hanaoka Official Web Site
花岡詠二さんのホームページです




Poro's Home